おしりのぶつぶつは触ってはいけない

おしりのぶつぶつを見つけると潰してしまうのがほとんどです。でも、跡が残るから潰すな、と、いう説が主です。できるだけ早く治すには、おしりのぶつぶつ専用の薬が最も効果的だと思います。潰したおしりのぶつぶつ跡にも効果があります。顔を洗って化粧水・乳液で肌を整え、おしりのぶつぶつ箇所だけに薬を塗ります。白く膨らんだ痛々しいおしりのぶつぶつを見つけると中身を絞り出してしまいます。おしりのぶつぶつの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのがとっても好きです。ただ、五回に一回はおしりのぶつぶつの中身がきれいに出せなくて、無理にでも中身を出そうとして、おしりのぶつぶつが治っても肌に跡が残ってしまうのです。おしりのぶつぶつ跡を見ると、無理におしりのぶつぶつをつぶしてしまった自分を反省するのですが、白いおしりのぶつぶつができるとどうにもこうにもつぶしたくなって、再びつぶしてしまうのです。一般的に生理が近付いてくるとおしりのぶつぶつができる女性は少なくないと思います。おしりのぶつぶつの理由として、女性ホルモンのバランスが乱れ、肌の状態が悪くなってしまうのと、生理の時期が来るとどうしても甘いものを飲んだり食べたりしたくなるので、おしりのぶつぶつが増えたりすることが多くなるのでしょう。私が成人になった時、背中がとても痒くなったので確かめてみると、数えきれない吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科に行きました。すると、ドクターから、「この状態はおしりのぶつぶつです。原因は偏った食べ物なんですが、脂もの中心の食生活になっているんじゃないですか?」と聞かれてしまいました。チョコが何よりもおしりのぶつぶつができやすいそうです。普段から、顔を洗って綺麗にしていても、おしりのぶつぶつができてしまうということは誰にでも経験があるでしょう。おしりのぶつぶつを防ぐには、顔を洗って清潔を心がけるのは最低限ですが、バランスよい食事や十分な睡眠といった体調の管理も重要になってきます。冬は乾燥が気になって色々とお肌のお手入れをしますが、そのようなケアが逆におしりのぶつぶつの数が多くなる誘因になっているように感じるときがあります。普段は利用しないような基礎化粧品などを利用することが素肌への刺激になり、毛穴のつまりや炎症が発生して、冬でもおしりのぶつぶつが発生してしまうことがあるそうです。おしりのぶつぶつは一度治ってもまたできやすい肌のトラブルだとよく言います。改善したからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、すぐに繰り返しできてしまいます。繰り返し出来ないようにするには、お肌を清潔に保つようにし、不摂生な食事をせず、睡眠をたっぷりと取っていくことが大事だと思います。顔にできたおしりのぶつぶつが炎症を起こした場合、顔を洗う場合などに少し触っただけでも痛みがあります。ですから、おしりのぶつぶつが炎症を起こしてしまったら、気になったとしても絶対に指で触らないでください。触ると痛いのももちろんですが、指から雑菌が侵入して、もっと炎症がひどくなることがあります。おしりのぶつぶつができるのはアクネ菌のせいなので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を共有で使用したり、直接肌が触れてそのままにして洗わなかったりすると、他の人のおしりのぶつぶつがうつる可能性も少なくありません。また、自分のおしりのぶつぶつを触った手で、顔の他の場所に触れると、そこにもおしりのぶつぶつができる可能性があります。ヨーグルトはおしりのぶつぶつにとっては良くないとのように言われたり、その逆に良いと言われたりしていますが、こうした情報の真偽は定かではございません。ある特定の食品だけに頼るのではなく、常日頃からバランスのとれた食事を心がけるようにすれば、おしりのぶつぶつの防止に繋がると考えています。
おしりのぶつぶつ クリーム ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です