お尻ニキビがどうしてできるの?

未成年の頃、チョコやスナック菓子をたくさん食べると次の日にはおしりニキビが見らえました。食生活がこれほど影響するんだ、と思ったものです。以後、年齢を経て食べ物にも気を遣うようになり、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。その効果かおしりニキビもすっかり出なくなりました。おしりニキビも間違いなく皮膚病の一種です。おしりニキビぐらいで皮膚科に診てもらうのも、と少し二の足を踏みがちですが、皮膚科で診てもらうと早期に治癒しますし、おしりニキビ跡も目立ちにくいです。その上、自分でドラッグストアなどでおしりニキビ薬を手に入れるよりも安い費用でよくなります。アクネ菌がおしりニキビの原因なので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを何人かで共有していたり、直接肌が接触してそのままにして洗わなかったりすると、おしりニキビがうつってしまう恐れがあります。また、自分のおしりニキビを触った手で、他の場所を触ると、その場所にもおしりニキビができてしまう可能性があります。肌の潤いキープで、洗い流すことが、おしりニキビ対策には欠かせません。特に大人おしりニキビのケースは、主要因が乾燥だとされているため、皮脂を取り除きすぎない洗顔がポイントです。それができるのが、牛乳石鹸です。牛乳石鹸はミルクバター配合だから、肌を乾燥させずに汚れも落とし、有効なおしりニキビケアなのです。おしりニキビに使う薬というのは、いろんなものがあります。当然、専用のおしりニキビ薬の方が効きます。でも、軽い程度のおしりニキビなら、オロナインを使う事も可能です。きちんと、効能・効果の所に吹出物ややけど、ひび等と一緒に、記されています。この時期、おしりニキビ予防において大切なのは、雑菌の温床にならない環境を生み出すことです。ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、枕を不潔にしている、手で直接肌に触れるといったことは、雑菌を塗ってしまっているようなものです。常に清潔にいれるように意識していきましょう。日頃から顔を洗って清潔に保っていても、おしりニキビができてしまうということは皆に経験があることはずです。吹き出物ができないようにするには、洗顔などのケアをして清潔にするのは当たり前のことですが、栄養をしっかり摂って夜はよく寝るといった体調の管理も重要になってきます。昔、おしりニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、あまりにも見苦しい状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。医師から、これを処方しますので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、強い薬の為、状態が改善してきたら塗る回数を少量にしていく必要があるそうです。何をしてもにきびが出来てしまうときには、これまでのケアの仕方を変えて、おしりニキビの本来の原因を排除する一番適した方法をしなければなりません。完治しないおしりニキビの原因は、ホルモンバランスが崩れたり、食習慣が乱れたり、化粧品が肌に合っておらず、それが原因となって毛穴が詰まってしまっているなど、様々なことが原因として挙げられます。おしりニキビが繰り返される本当の原因をきちんと知った上で、その原因にあった方法でケアをしましょう。実は昔、私が20歳のおり、背中が大変な痒みで見てみると、数えきれない吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科で見てもらいました。診察をして、先生から、「多数の吹き出物をおしりニキビと診断します。原因は食事が偏ったせいなんですが、脂分の多い食べ物ばかりになっているんじゃないですか?」と通告されてしまいました。チョコほどおしりニキビができやすい食べ物はないそうです。ヒップケアクリームランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です